HOME>ホットトピックス>サイバーセキュリティを導入しよう!信用性の高い企業を目指す

サイバーセキュリティを導入しよう!信用性の高い企業を目指す

女性

サイバーセキュリティを導入するメリット

サイバーセキュリティを考慮することはほとんどの会社で常識になりつつあります。万が一の情報漏洩や攻撃に耐えうるサーバーやWEBサイトを運営することは信用の置ける企業であることを示し、顧客を大事にする姿勢も打ち出せます。

導入する場合と導入しない場合の違い

ある程度自動化が可能

セキュリティ対策ソフトを導入すると不正なアクセスをある程度自動で検出してくれます。不用意に添付ファイルを開かないことなど人的に打てる対策もたくさんありますがITリテラシーの高くない人がうっかり操作してしまっても大事に至らない状況を作れます。

技術任せになる

導入しない場合は個人が怪しい操作をしないのはもちろん、プログラムやネットワーク構成などでリスクを排除していく必要があります。セキュリティの専門家の力を借りて初期段階からリスクを技術で排除していきます。

セキュリティを導入するなら専門業者へ依頼!

サイバーセキュリティ対策は複雑である上に日々新しいリスクが生まれている分野になります。専門家に依頼をして体系的に見てもらうのが安全です。自分の会社のWEBページや取り扱う情報の内容も考慮して運用していく上での対策を見てもらうと安心できます。

サイバーセキュリティを導入する流れ

サイバーセキュリティ

リスク分析

まずは自社内や自社サーバーにあるリスクを洗い出します。理想は一気に対策を打つことですが規模が大きいと難しいです。
リスクの大きさも意識しておくと対策の優先度を判断する際に役立ちます。

専門家からのアドバイス受領

自社内でリスクを洗い出したら必ず専門家にも見てもらいましょう。社内にはない目線やセキュリティの最新動向に基づくコメントをしてくれます。

対策の導入

洗い出したリスクにそれぞれ対策を打ちます。ウイルス対策ソフトをインストールする、ネットワークアクセスを制限するなど対策はリスクの性質によって異なります。

運用フロー作成

一度対策を打っても放置していては日々増える脅威に対応できません。セキュリティ対策ソフトのアップデートやパスワードの変更など定期的なタスクを行うための運用フローを作成しましょう。

全社員の教育

技術的に制限をかけても、日々業務に携わる社員の意識が低くてはそこがセキュリティホールになってしまいます。セキュリティ対策の意味から具体的な対策内容まで説明する会を設ければ人的ミスが要因となるトラブルが防げます。